男女

賃貸オフィスはしっかりと管理しよう|退居時に現状復帰させる

賃貸オフィスに住む上で

室内

賃貸オフィスに入居した場合に、退去時に、元の状態に回復させることを原状回復、または現状復帰といいます。現状復帰には、普通に生活していく上での汚れや、壁紙の色褪せなどは含まれません。それは、大家さんが負担する項目になります。しかし、あまりにひどい使い方をしたり、故意に何かを破損させたりした場合は、現状復帰の義務が生じます。入居時に敷金を払っていた場合は、そこから現状復帰に必要な金額が差し引かれ、退去時に残りの金額が戻ってきます。修理に多額の費用が必要な場合は、敷金が戻らない上に、追加で請求されることもありえます。そうならないように、まめに掃除や換気をしてオフィスの劣化を防ぎ、備え付けの設備を正しく使用するなど、工夫が必要です。

賃貸オフィスは、入居時に、通常は賃貸借契約書で契約を交わします。そこに、その物件で生活するうえで禁止されていることなどが記載されているので、熟読して、気をつけて生活するのがおすすめです。例えば、壁や柱にくぎや画鋲などを打つことも、禁止されているかもしれません。その場合は、くぎを打たなくても吊り下げられる便利グッズなどを購入して工夫することが必要となってきます。また、オフィスが24時間換気の場合、換気孔のフィルターを定期的に掃除をする必要があります。掃除を怠り、フィルターが目詰まりし、湿気がこもり、大量のカビが発生してしまうと、現状復帰のために多額の費用がかかります。また、社内の整頓や掃除を怠り、大量の物をオフィス内に放置すると、やはり汚れやカビが染みついてしまうので、気をつけて掃除をしましょう。

コストダウンの秘密とは

3人の作業者

大規模修繕には予算がかかります。しかし、不要な工事仕様を徹底的に見直すことで、3割以上も安いコストで受注できる業者があるといいます。その驚きの企業努力の裏側に迫ります。

Read More

業者の選び方

男性作業員

大規模修繕を検討する場合は、設計管理に定評のある業者を選べば安心です。多くの実績があり、信頼できる業者がよいでしょう。特に建物を利用する人へのリサー|チを徹底するなど、生の声を集める業者は信用できます。

Read More

打ち合わせが重要

部屋

建物の大規模修繕を検討する際に、大切な問題を確認しましょう。専門業者に施工を依頼するときには、綿密な打ち合わせが重要です。予算やイメージなどしっかりと話し合い、計画を進めましょう。

Read More